新発泡剤吹付け硬質ウレタンフォーム ゼロフロンER-X

ゼロフロンER-X

APS-NZは、マンションや工場などの建築物の断熱材として最適な、ノンフロン発泡で環境に配慮した現場発泡硬質ウレタンフォームです。
ゼロフロンER-Xの特長

新発泡剤であるHFOガスを使用。

これまで発泡剤として多く使われてきたHFCは地球温暖化係数が高く、発泡剤のノンフロン化が強く求められています。一方で、炭酸ガスを発泡剤とした旧来のノンフロン製品は断熱性能が劣ること等から、市場への普及が遅滞しておりました。HFO(ハイドロフルオロオレフィン)はノンフロンでありながら高い断熱性能を示す新しい発泡剤です。ゼロフロンER-XはHFOを採用することで安定的、機能的な性能を実現。JIS A 9526で規格されるA種1Hの認証製品です。


断熱効果に優れています。

ゼロフロンER-Xは従来のノンフロンシステムにはない高い断熱性能を有します。
これはフォーム体内部の高品質で微細な独立したセルによるものです。

シックハウス法告示対象外です。

ゼロフロンER-Xは平成14年国土交通省告示第1113号~1115号に規定されるホルムアルデヒド発散建築材料の告示規制対象外となっており、使用面積の制限を受ける事なく使用できます。ボード状の断熱材等で表示されるホルムアルデヒド等級F☆☆☆☆と同等以上のレベルです。

継ぎ目がなく安定した断熱効果が得られます。

ゼロフロンER-Xはスプレー工法によって施工されます。シームレスな断熱層の実現で、目地による熱ロスや結露等を防ぎます。

工期の短縮、断熱工事コストの低減を実現します。

スプレー工法による断熱工事は、工期の短縮化や人件費の削減・コストの低減に貢献します。

CASBEEの評価で低環境負荷材に該当します。

ゼロフロンER-Xに使用しているHFOは、ODP=0かつGWP=1ですので、「フロン・ハロンの回避」の項目で最高レベル5として評価されます。
レベル5・・・ODP=0かつGWPが低い発泡剤(GWP(100年値)が1以下)を用いた断熱材等を使用している。あるいは発泡剤を用いた断熱材等を使用してない。[参考:CASBEE一建築(新築)2014年度版]

グリーン購入法適合製品です。

ゼロフロンER-Xはグリーン購入法(国等による環境物品等の関連の推進等に関する法律)の特定調達物品です。
環境負荷が少なく、地球にやさしいクリーンな新断熱材です。

代替フロン製品と比較してゼロフロンER-Xは地球温暖化の抑制に貢献します。


ゼロフロンER-Xのフォーム物性

どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい!

お問い合わせ

TEL:0745-22-1600

TEL:0745-22-1600

営業時間外はこちらからご相談下さい

共に働く仲間を募集中!

共に働く仲間を募集中!